別の仕事に転職したい時、資格をとるメリットって何?

現在勤務している業種を何年か続けてゆくと、その分野が自分に好きなのかわかってきたり、生きてゆく中で起こる価値観の変容から新たな方向性が見えてくるはずです。そういった際にほとんどの方は転職に踏み出すのですが、よく転職をする時に資格を取得すると評価が高いと聞いた事はないでしょうか。果たしてそれは真実なんでしょうか?資格だけ取って基本はわかっているという顔をした頭でっかちな人を人事は採用するでしょうか。その辺りを考えてみました。

まず資格を取得するとその仕事の知識面を基本理解していると見なされます。

何も分からない新人にゼロから物事を伝えるのは時間とお金が必要になるので、企業としてはある程度内容を理解している人に依頼したいでしょう。また、資格勉強をしたという事が自分のやる気を理解してもらうきっかけにもなるでしょう。あなたが謙虚な姿勢でいるのなら、資格は取得しておいておくべきでしょう。そして他にも理由があります。全く別の業界に転職するとなると、ウェブ等である程度の知識は手にいれることが可能でも、やはり自身の目で見ないと変わってからイメージと違ったなんてこともあるのです。

簡単に戻る事ができれば問題ありませんが、そんなにうまくはいきません。

資格試験の勉強を転職前にしておくと、その業界についてだいたい知る事ができます。憧れだけで転職して失敗する可能性が低くなるのです。また、その業界は何をどれくらい知っていると基本は抑えているといえるだろうという感覚がつかめると、気持ちも楽になるでしょう。

また転職がうまくいってから知識と実践がうまくかみ合うと理解が深まるでしょう。資格に合格する事で、その仕事への本気度が伝わりやすい反面、取得までの時間や費用がとても必要だったり、合格できないと自信が失われる危険性もあります。重要なのはあなたのやる気と向き合う心です。面接の際にあなたがどれだけ頑張ってゆきたいのかを資格と一緒に前向きにアピールしてください。